ドキドキはらはらが経験したくて、出会い系サイトを利用しています


出会い系サイトってこんなに便利なサイトだったんだというふうに驚いています。
私はもう三十を超えた女ですが、まだ結婚は経験していません。
もう自分は一人で年を取りすぎてしまったから、今更誰かと出会いたいというふうに願っても手遅れかもしれないというふうに諦めていたのですが、出会い系サイトを利用することで素敵な出会いを実感することができました。

相手は私より十歳ほど年下の大学生で、わたしとは考え方の違う部分なども結構あると思うのですが、お互いに年齢を隠していたということもあって、一度試しに一緒に食事に行きませんかということを相手の男の子から言われるまで、私たちはお互いの素性をほとんど知らなかったのです。

そんな状態でよく一緒に食事に行こうという気になるなあというふうにあきれる人も多いと思いますが、私はもともと、この先は本当にどうなるかわからないといったようなドキドキのスリルが大好きです。
これから会おうとしている相手の素性がほとんど分からないというような事態は、私にとってはスリル満点のシチュエーションで、本当にたまりません。
いろいろなことを考えているだけで、もうあそこがびちょびちょに濡れてきそうなくらいです。
決して大げさな表現ではありません。
出会い系サイトを利用しているといろいろなトラブルに巻き込まれるリスクがあるというのはもちろん知っていたので、もし何かあったらもうそれは仕方がないというふうに開き直っていました。

結論から言うと、年齢をお互いに黙っていたということを除けば、相手の男性は本当に素敵な人でした。
大げさではなく、別に出会い系サイトを利用していなくても、いくらでも自分が望むような出会いは手に入るのではないかと思ってしまうくらいのイケメンでした。
まさかこの年になってこれほど心がときめくような経験をさせてもらえるなんて、本当に出会い系サイトには感謝をしなければなりません。

相手の男性がどういうつもりでせふれアプリを利用していたのかがわからないので、ひょっとしたら私のようなおばさんには興味がないと思っているかもしれませんが、それでも初めて話してみた感覚ではそれほど手ごたえも悪くないというふうに感じたので、相手に嫌な思いをさせないように、じっくりと相手にいろいろなことを聞いて、お互いのことについて理解を深めたいと思っています。